猫車通信

糸魚川翡翠と稀少石のお店「猫車(nekoguruma)」by Jewellery Studio Ijeluna

ジュエリー製作記録:024(ブルーサファイア)

サファイア

 

今年は曜日の配列的に非常に好ましい感じのクリスマス、いや、実際のクリスマスではなくクリスマスのイブ。

 

クリスマス商戦という戦に参戦しなくなって何年も経ったが、直近の今週末に掛けての期間ってのは、クリスマス商戦に参戦していなくても緊張感の高まりを感じる。

 

え~っとね、18からだから・・・20年くらいかな、そのくらいの歳月、ま、回数にしたら20回くらいなんだけど、そのくらいの実戦を各地でくぐり抜けてきた故、ちょっと懐かしい感じがします。

 

今年の曜日配列であれば23日と24日の売上目標は9桁の設定になっていたのですが、平均客単価が5万円と仮定しても2000個のジュエリーを販売する計算になり、当時、直営の店舗数が20店舗だったので坪数とか立地とかは別にして単純計算で1店舗で1日に100個くらいの感じ、実際には単価の高い商品も含まれ、逆に単価の低い商品なんかは動き難いので普通な感じなのです。

 

ちっとも無理はない、それより大変なのは事前に必要な在庫数を見極めて製造する事や必要な宝石を用意する事や納品や発送といった物流対策や当日のサイズ直しや刻印や接客販売やラッピング・・・でもなく、それら材料代や人件費やクリスマスの為だけのディスプレイといった諸経費、もっと言えばボーナス、賞与、それらの支払いは確定しているものの実際に目標を達成できるかどうかは未確定だって事なんですね・・・

 

ま、仕事ってのは何かと大変で感じる苦労、味わう大変さは当人じゃないと分からない、それは誰とも共有できない重圧だったり責任だったりする訳ですが、特に経営する側と働いてくれてる側との間には分かり合えない事もあったりする訳でありんす。

 

ちゅ~ような事を想い出し、懐かしんだりしつつも、実際に売り場で働くみなさん、或いは裏方で売り場には姿を出さないものの奮闘しているみなさん、どんな事を思っているのか、どんな風に感じているのかは分かりませんが、時が流れて懐かしく想い出すようになった頃には、素晴らしい想い出、うんうん、あったあった、そんな事って感じる日がくるから頑張っていこう。

 

業種や職種によってはクリスマスってのは特に関係ない、ま、ま、師走感が半端ない時期のイベントっすよね。ってな感じかもしれませんが、その場合であっても何かしら記憶に残る事があるんじゃないの?

 

友人に石好き、ちゅ~ても、あたしの石好きとは微妙に違ってルースではなく原石っちゅ~か・・・主に水晶系、鉱物標本ってんじゃなくて磨き上げられている六角形の柱みたいなんが好きなものがいる。

 

彼は心が清らかで純粋無垢、ピュアなので何となくクリスマスになると一人暮らしの部屋にクリスマスツリーを出し、いろいろと飾り付けをし、部屋の電気を消して、イルミネーション的な灯りで幻想的な空間にしてひとりで過ごしている。

 

何気に水晶を見ると万華鏡のように無邪気な笑顔を浮かべた自分の顔が映っていて、とっても幸せでした。

 

ちゅ~ような話しを満面の笑顔で聞かされましたが、何だか微笑ましくない?

 

想像して微笑んじゃったよ。

 

 

ブルーサファイアのリング(最終的にはプラチナになるよ。)

ブルーサファイア

 

ブルーサファイアって、もっともサファイアのイメージって感じの色になるんじゃないかなぁ・・・って思うんだけど、そうでもないの?

 

ま、あたしの中では、サファイアのイメージカラーって青だから勝手に話しを進めていきますが、この青色ってのにも実に様々な青色ってのがあり、濃青色~薄青色、パッと見には単色なんだけど、よ~く見ると部分的に濃淡があったり、インクルージョンがあったり、深い、実に深い。

 

そんな青色は大好きな色でして、そんな青色の宝石としてサファイアって大好きなんですが、好きな色とか好きな宝石って人によって違う、好き好きなので、だから何って話しでもなく、ただ単純に個人的に好きって話しである。

 

青色が好きなのかサファイアが好きなのかどっちなの?って訊かれちゃうと非常に困惑する、とっても混乱しちゃうから訊かないでね。

 

サファイア

 

サファイアはモース硬度も高くて普段使いをするにも気遣い無用なところがあって、ま、でも、青みの感じによっては印象的な装飾品になるので、対比色っちゅ~のか?反対色っちゅ~のか?

 

イエロー系の地金、まぁ、つまりはゴールドになるのであるが、ゴールドを使ったジュエリーにしちゃうと悪目立ちしちゃう感じも出なくもないから、ゴールドであるならホワイトゴールド、それか無難にプラチナを使うのが良い。

 

ちゅ~ような事を、その時は思った。

 

ちゅ~のもブログはリアルタイムで書いている訳ではない、過去の事を綴っている、その時に何を考えていたのかは思い出せる場合もあるが、必ずしも思い出せるとは限らないのは、集中して無心になってなって製作しておるからなんじゃないかな?

 

ま、それはいい、ちっとも関係ない、どうでもいい話しであるが、撮影はしておらぬが実は既にプラチナになっているんだね。

 

サファイア

 

もっとブログの更新頻度を上げて、リアルタイムな感じをぐんぐんに出した方がいいのかもしれぬが、ぐんぐんにリアルタイムな感じを出す事によって何がどうしたいという話しでもなく、結果、このような感じになっておる次第でありんす。

 

プラチナは貴金属地金としては軟らかいので・・・だから何って話しでもなく・・・

 

いや、何かさ、ちょっと話しが弾まないっていうか、いい感じに噛み合ってないよね?

 

ちゅ~ような感じで、少しだけ話しを巻き戻す、ブルーの宝石ってイエロー系の色合いをした地金を使ったジュエリーにすると少しばかり悪目立ちをする場合があるので、やっぱシルバー系の色合いをした貴金属地金を使った方がいいって思った。

 

だからと言って、銀、シルバーを使うってのは論外、シルバーにはシルバーの良さ、使っていく中での風合いとか質感とか独特の良さがある。

 

しかしながら、宝石にも宝石に相応しい地金というものがあり、ま、ちゅ~ても気分みたいなもんで変わる事もあるから、実際のところ大きな声では言えない、断言はできない、奥歯に物が挟まったような感じになってしまうんだけど、ま、そういう事っす。

 

サファイア

 

この写真では見せていない、見えないように撮影したので見えたら困るっちゅ~か、その場合、そんな写真は使わないから何なんだけど、ちょっと複雑なデザインになっているというか、そんな複雑でもないんだけど、プラチナという地金の持つ特有の質感や光沢感なんかが映えるような感じになっておるんだよ。

 

ま、まだ仕上げの途中、完成するのは・・・気分次第なんだけど、こうしてクリスマスが近付いてきて、ザワってした感じが漂うっちゅ~か、漂っているようなところに行っていないから実際には何となく、そんな感じって感じなんだけど、そんな感じって感じるのは、長い間、クリスマス商戦という戦争を経験したからなんだと思う。

 

でも、そんなに悪い想い出ではないです。

 

とっても忙しくて、ちょっと殺気立ってて、独特の緊張感みたいなんはあったけど、実際、クリスマスっていう限られた期間、終わりが見えるイベントなので、その緩急っていうのかなぁ・・・ずっと、緊張を強いられる訳ではないし、ま、楽しかったよ。

 

ちゅ~ような感じで、ち~ゆ~。

 

 

ΘεΘ

 

 

クリスマスとか黒いブーツとか。

ΦωΦ

 

古い。

ΘεΘ

 

ま、今年も終わりが近くなったなぁ。

ΦωΦ

 

まったくだよ。

ΘεΘ

 

何か予定あるの?

ΦωΦ

 

う~ん・・・

ΘεΘ