猫車通信

糸魚川翡翠と稀少石のお店「猫車(nekoguruma)」by Jewellery Studio Ijeluna

ジュエリー製作記録:018(オーダー物語)

ijeluna

 

よ~分かんねぇ~んだけど念力っちゅ~ような不可思議なパワー、能力がある、いや、実際にあるのかど~なのかは知らないっすけど、そ~ゆ~パワー、能力、エスパーってな話し、そ~ゆ~映画とかマンガとか何となしの設定で分かる、そ~ゆ~もんがあっても不思議ではない、もう、ちゅ~か、スマフォとかアプリとかなんて逆に不可思議で奇天烈なメカニズムと理解不能な何かの使い道とかがあるみたいだから、ちゅ~ようなテクノロジーとかの方がすげぇ~なぁ~って思うんだけどね・・・・

 

ちゅ~ような中、あたしは捻力、物理的なパワー、捻る力を使ってひと房3本のバナナ、このバナナの熟れた感じ、ちょい熟れ過ぎちゃうかなぁ・・・って感じの1本を捻り取った、もぎ取った訳なんですけど、熟れ過ぎた1本ちゃう、そうじゃない2本のバナナのへた部分で捻じもげてもうて、先っちょが剥き出し、あかん、その部分から傷んでくる、もう剥き出しになってもうとるねん・・・な、2本のバナナと3本分の房の付いた少しばかり熟れ過ぎた感のあるバナナ1本になってしまい、ど~いった順序、どのような順番で食するのが良いのか途方に暮れているっす。

 

ま、ま、こ~した事、こ~した事態っちゅ~のは、何もバナナに限らず、ちゅ~か、捻力とかゆ~のに限定された話しでもないっちゅ~か、じゃ、何で念力とか捻力とか訳の分からぬ話しを書いたのか疑問に感じる訳ですが、何事にも話しの取っ掛かり、ま、雑談とか世間話とかみたいなちょっとした軽い話しが必要で、そ~ゆ~のは分かるよね?

 

まぁ、いい、それはいい、それこそ話しが脱線、逸脱してしまうので、ちょっと脇に置いといて、ともかく、まぁ、いろいろな事、いろいろな状況、いろいろな場面で思っていた事と現実が異なる、何となくイメージしていた結果と実際の結果が違う、そのよ~な事ってのは少なくはない、ちゅ~か、ま~ま~多い、いや、そ~ゆ~事の方が多い、そんな事ないっすか?

 

あたしの場合、ま、そ~ゆ~のってジュエリー製作とかを通じて感ずる、そ~思う、そのよ~な実感をする訳ですが、そこは、まぁ、車の運転でも人間関係でも明日の予定でも何でもいい、何となくイメージできる感じの内容に置き換えてスイッチ、あぁ、なるほど、そ~言われてみるとそ~かもしんない、分かる分かる、ですよね。って感じになるよ~に自由に設定を変更して頂いて構わない、ちゅ~か、そ~ゆ~自由解釈をしないと調和しない、ま、しなくてもいいっちゃ~いいんだけど、そ~ゆ~感覚がねぇ~と間接的な経験を積む事ができぬ、そ~すると人間関係とかが円滑に立ち行かぬケースが増えちゃう可能性もあるので、それはそれでそ~ゆ~人だって風に相手の方が分かってくれねぇ~といかぬ、重要なのは分かり合える事っすから、反省、人の心が分かる人になりてぇ~っす。

 

ちゅ~ても人の心は移ろい易く、それはそれ、それでもいいんだけど、時に心の琴線に触れてしまう場合、勝手に察してしまう事とかもあって、そ~すると感情移入しちゃって、ま、それがいい時もあれば、じゃない時だってあるし、きっちりと自らの心に蓋をして悟られぬように見守る、温かな目で見守る、そ~ゆ~包容力みたいなんや忍ぶ心みたいななんが、逆に作用して冷たい人、心のない人といった誤解を生じる場合もあり、これまた極めて難しい、ちっとも分からねぇ~もんっすね。

 

ま、実際に心ここにあらず、一般的、常識的なマナーっていうか、そこは大人なので、あまり分からない事、興味のない話しなんかであっても適当に相槌を打つ、表面的な言葉や態度を示さねばならぬ事もあり、そ~ゆ~意味ではフィーリングが合う、とても普通に穏やかに接する事ができる、それはもしかすると自己満足に他ならないのやもしれないっすけど、そ~ゆう相手との出会い、そ~ゆう相手とだけ仲良く楽しくやってくのがいいんだけど、ほれ、世間に出るとそ~ゆ~訳にもいかない、いろいろなしがらみちゅ~のが生じるってな事で、結論、結果、ケースバイケース、よ~分からんっす。

 

この世は謎ばかり、とかく分からぬ事ばかり、ちゅ~か、このバナナ、ど~ゆ~順番で食べよう・・・ってのが、現時点での最大の悩みっす。

 

 

レインボー・ニードル・インクルージョン・イン・トパーズ

Ijeluna

 

レインボー・ニードル・インクルージョン・イン・トパーズって宝石は、チューブ状のインクルージョンに光が干渉する事によって、その名の通り虹色の光彩効果が見られるのが特徴の宝石っすよ。

 

こちらのオーダーは、プラチナ素材を使ったリングになりますが、こ~ゆ~特殊な光彩効果が特徴となった透明石の場合、地金素材が金色となるホワイトゴールド以外のゴールドを使うと色が透けて黄色っぽく見えるので、基本的にホワイトゴールドかプラチナを使います。

 

あまり開放過ぎるデザインというか石枠にしちゃうとコントラストが弱くなり虹色の光彩効果が映えないし、ちゅ~ても外部からの光が取り込めなさ過ぎても虹色の光彩効果が見られなくなるので、その辺りの事を意識して製作するんだけど、最初は覆輪でルースの周囲を覆ったデザインにしたんだけど、それだと外部からの光の取り込みが不十分に感じたので爪枠で作り直しをしたんだね。

 

レインボーニードルインクルージョンイントパーズ

 

ある程度、サイズの大きなルースで高さもある為、使い勝手の点であまり引っ掛かりがなくする事、それにあくまでも主役は宝石でリングそのものは宝石の美しさを引き立てる為のシンプルな感じにする事を意識したんですけど、言うが易しって話しで、実際にはいろんな事を考えて、いろんな事をイメージして、そ~して製作している訳ですが、そ~した考えやイメージと実際の感じ、ジュエリーにした時の感じってのは違う事が多くて、なかなか思い通りにはいかないもんっす。

 

作り直しというのは、ま、いろいろな意味でロスの多い事で、そりゃ~できるものなら避けたい訳ですが、その為にいろいろと考えたりイメージしたりして製作している訳なので、結果的にイメージしていたような感じにならず、それがイメージしていたよりも良い結果ならともかく、そ~でないなら、そんなんは失敗作でしかないので、あたしの場合はロスってよりも勉強ちゅ~か試練じゃと思うて作り直しちゃうっすよ。

 

レインボーニードルインクルージョンイントパーズ

 

もう以前のようにオーダーも頻繁には受けていない、コンディションだったり、時間的な余裕だったり、いろいろな条件が合う場合でないとお受けしていないから、その分、なるべくベスト、納得できるっちゅ~か、少なくても作った自分くらいは満足できるものにしてぇ~なぁ~って思っちょります。

 

ま、ま、何だか雨が多く、10月にしては寒いような気がしますが、体調を崩さぬよ~に注意、どうぞ暖かくしてお過ごし下さいませ。

 

ちゅ~ような感じで、ち~ゆ~。

 

 

ΦωΦ

 

 

まとまりのねぇ~内容じゃね?

ΘεΘ

 

そこは何にも考えずに書いているので。

ΦωΦ

 

少しは考えようね。

ΘεΘ

 

うい。

ΦωΦ