猫車通信

糸魚川翡翠と稀少石のお店「猫車(nekoguruma)」by Jewellery Studio Ijeluna

アンダリュサイトとキアストライト:Andalusite & Chiastolite

アンダリュサイト

 

お江戸の冬は何気に暖かいのかもしれねぇ~なぁ~ってな事を思いながら、西日本や北日本、日本海側の様子をニュースで眺めておりましたが、その分、あんまり四季の移り変わりを実感し難く、街の様子でイベントなんかを実感しつつ、それを通じて何となく季節の移り変わりを感じる事になる、お江戸ではね。

 

ちゅ~ような感じですが、ハロウィン~クリスマス~お正月という何となく印象に残る大きなイベントが続き、これが終わった今の時期は特に街の様子にも変化がないので、ただ単純に冷たいビル風が吹き付けてきて寒い、これは冬の寒さだ。

 

そのように感じる訳ですが、やっぱり雪の降らない冬ってのは何だか物足りなく感じ、それでニュースで雪景色の映像なんかを見るとお江戸の冬って暖かいなぁ。

 

風邪とかインフルエンザとかに罹ったりしてませんか?

 

よく知らないけど何か流行っているっぽい感じなので、うがい、手洗いをして暖かくしてお過ごし下さいね。

 

ま、ま、何はなくとも時間というのは一方向に流れており、起きてても寝てても、働いていても遊んでいても、頑張っていても怠けていても刻一刻と過ぎていくもので、そんな時間を謳歌するには健康である事が一番ですから、そこは注意するに越した事はないと思うっす、マジで。

 

ちゅ~ような感じで、1月も中旬になると何かと初なんじゃら、なんじゃら始め、初詣とか初日の出とか仕事始めとか他にも何やかんやあるでしょうが、そういった初なんじゃら、なんじゃら始めって事なんかも滞りなく済ましたのではないかと思う。

 

えっ、まだなん?

 

ま、人によるでしょうが、あたしなんかは験を担ぐ方なので、いろいろな験担ぎをインクルージョンとして内包している訳ですが、2018年も始まって2週間くらいの段階だと取り返せる事、巻き返せる事なんかも多いから、ちょっとだけ心に余裕みたいなものを持って何かをしたり過ごせたりできません?

 

そうでもないの?

 

記憶っちゅ~ようなものは次々と上書き保存していけるっちゅ~か、ちょ~記憶力のいい人とか記憶できる容量が大きい人でもないと忘れていってしまうから、あんまり上書きって感じでもないんだけど、同じ映画を観て、同じシーンで驚いたり、小説を読んでいて物語が終わりに近付く頃になって、ん?あれ、これ読んだ事あるかも・・・

 

ちゅ~ような感じになっているあたしの場合はあんまり関係ないんだけど、失敗したり、何か嫌な事があったりしても大丈夫、上書きと忘却というふたつの防衛システムが必ず作動するから、そこは安心して失敗を恐れずにチャレンジしてちょんまげ。

 

ま、問題は何にチャレンジするかなんだけどね。

 

しかし、ま、新しい年になり、頃いい感じの時期なので、そう、そう、そういう前向きな感じ、前向きな気持ちでさ、もし1月が何だったら、もう4月とかでもいいじゃん?

 

まぁ、ぶっちゃけ、思い立ったら吉日。

 

みたいな感じで、今年は何にチャレンジしちゃいましょうかね?

 

そのような事を考えるとワクワクとするのですが、そうでもないの?

 

そこはワクワクして楽しもうよ。

 

ね。

 

 

アンダリュサイトという鉱物・宝石について

アンダリュサイト

 

アンダリュサイトは鉱物名と宝石名が同じなんですが、何気に説明が難しいような気がするなぁ・・・

 

ちゅ~のもですね、宝石学ではアンダリュサイトは基本的にアンダリュサイトなんですが、透明石と不透明石があって、一般的には透明石で強い多色性を持ったタイプが宝石として扱われるんですが、不透明石で黒色の炭素インクルージョンを含む柱状結晶で、その柱状の断面に十字架模様を示すものはキアストライトと呼ばれるんですね。

 

それに同質異像の鉱物&宝石としてシリマナイトとカイヤナイトがあり、それらの鉱物や宝石にカラーバリエーションやタイプバリエーションなんかが存在する上、当然の事ながら透明タイプの強い多色性を持ったアンダリュサイト自体も個性が強く、かなりカラーやタイプなんかのバリエーション幅が広いんです。

 

ま、すべてをまとめて紹介する事はできない・・・訳ではないけど、そうすると長々とした記事になってしまい、ただでさえも長々としたブログだから書くのも大変なら読むのも大変じゃん?

 

だから、ここではアバウトというか大雑把な感じでアンダリュサイトとキアストライトのスタンダードなタイプのルースを紹介しながら簡単に紹介するような感じにしようと思うのだが、それでいいかしら?

 

いやだ!って言われても困るし、だからと言って詳しく書くのも大変なので、ま、ま、そこはひとつ我慢してちょんまげ。

 

【 アンダリュサイトの特徴や数値 】 

  • 鉱物名:天然アンダリュサイト
  • 宝石名:アンダリュサイト
  • 備考:炭素包有物を含む不透明柱状結晶で柱状の断面に十字架模様を示すもは
       「キアストライト」の名称で呼ばれる。
  • 和名:紅柱石
  • 結晶系:斜方晶系
  • 産出形状:柱状結晶、塊状
  • カラー:黄色、赤色、帯褐赤色、帯灰緑色、暗緑色、灰色、黒色
  • 透明度:透明または不透明
  • 光沢:ガラス光沢
  • モース硬度:6.5~7.5程度
  • 劈開:一方向に明瞭
  • 断口:亜貝殻状、平坦状
  • 比重:3.13~3.17程度
  • 偏光性:複屈折性
  • 屈折率:1.629~1.650程度
  • 多色性:強い三色性
  • 分光性:吸収特性なし(但し色合いによってマンガンバンド)
  • インクルージョン:液体包有物、管状包有物、針状包有物、黒色炭素等
  • 産地:ブラジル、メキシコ、スリランカ、ミャンマー、アメリカ等
  • 同質異像:シリマナイト、カイヤナイト

 

アンダリュサイトの特性に関しては、こんな感じなのですが、この宝石は強い多色性を持っている点とカット研磨されたルースに複数の色合いが混在しているのが特徴になり、そこまで稀少な宝石ではないものの何気に個性的でマニアックな側面を持っているので、あまり一般的に知名度のある宝石という感じではないかもしれないですねぇ。

 

また改めて上級者向けのルースを別に紹介するので、今回はスタンダードというか一般的な水準のルースに絞って紹介してるよ。

 

尚、名称は産出地であるスペインのアンダルシアに因んで命名されているっす。

 

 

アンダリュサイトのルース 

アンダリュサイト

 

スタンダードな感じのアンダリュサイトは、正面から見た際に赤っぽいオレンジ色~黄色~薄いグリーン系の色合いが見え、見る角度によって違った色合いに見える為、基本的にはファセットカットされたルースになったものがメインになりんす。

 

実際には暗緑色に見えるグリーン系のものや透明無色に近いものまであるのですが、一般的なところとしては、画像のような感じになっちょりますね。

 

大粒サイズも稀にありますが、基本的にファセットカットを施される為、そこまでキャラ目のあるものは多くはなく、石質的に一方向に明瞭な劈開を持つ事もあり、ファセットとしては面数が少な目のタイプが多くなります。

 

より上級者向けのルースの場合、かなり細かいファセットカットが施され、強い多色性に加えてコントラストが強調された変彩効果を感じられる為、見た目の色合い的にもより複雑で豊かな表情を見せてくれますが、どちらにしても宝石としては個性的で癖がある事もあり、フィーリングっていうのかしら?

 

好きな人は好き、あんまり好みでない人は・・・って傾向が強いかもしれないです。

 

強い多色性というポイントだけで言えば、スフェーン等の宝石もあり、光学特性や人気度なんかではスフェーンの方が知名度も高いので、どんどんカット研磨のスタイルも洗練されていますし、大粒サイズのルースもありますが、アンダリュサイトといえば、こういう色合いをした感じのイメージの宝石になり、スフェーンのように知名度が急上昇しない辺りが独特の個性になるかなぁ。 

 

それでも見た目も美しく個性的なので、もう少し人気が高まってもいいんじゃないかなぁ・・・って思います。

 

 

おまけ:キアストライトのルース

キアストライト

 

キアストライトの場合、透明感とか多色性とかは重要なポイントではなく、独特の十字架模様が明瞭である事がポイントになるっすよ。

 

カット研磨されたルースにしてもファセットカットを施される事はなく、基本的にはカボッションカットのようなスタイルのカット研磨が施されます。

 

黒色の十字架模様は黒色炭素となり、こうしたインクルージョン系のタイプになるので他のインクルージョン等も多く含まれ易いので不透明な感じになってしまいますが、不透明だからこそ模様が明瞭に見えるから、そこはプラスマイナスゼロですね。

 

宝石としてよりも天然石として扱われるタイプになり、鉱物標本なんかでも人気がありますが、透明タイプのアンダリュサイトに比べるとリーズナブルです。

 

キアストライトというのは通称になり、このタイプは宝石鑑別機関で宝石鑑別書を作成するようなものではないので一般的にキアストライトという呼び方で流通しているっす。

 

 

アンダリュサイト

 

ちゅ~ような感じで、何だかブログの更新頻度が落ちちゃっていますが、ボチボチと書ける時に書きたい事を書いているので、ま、そんな、やいのやいの言わないでね。

 

ち~ゆ~。

 

 

ΦωΦ

 

 

個性的で好きなんだけど少し地味なのかなぁ・・・

ΘεΘ

 

そんなにメジャーな宝石じゃないってだけちゃう?

ΦωΦ

 

この時代、メジャーとか関係ない感じなんだけどね。

ΘεΘ

 

確かに・・・

ΦωΦ

 

もうそろそろ商品登録しない?

ΘεΘ

 

棚卸が済んでからになります・・・

ΦωΦ