猫車通信

糸魚川翡翠と稀少石のお店「猫車(nekoguruma)」by Jewellery Studio Ijeluna

コバルトスピネル:Cobalt Spinel

コバルトスピネル

 

改めまして、あけましておめでとうございます。

 

どんな感じの年末年始、お正月を過ごされたかしら?

 

で、どんな感じの2018年にしちゃいたいと思っているのかしら?

 

何かを願って、それを頭の片隅に忘れる事なく意識してるとそっちの方、そっちの方に向かって行くんじゃないかしら?

 

まぁ、何となくですが・・・

 

だって、願い事によっては強い意志が必要だったり、或いは運みたいなものが味方してくれなきゃ叶わない場合だってあり、願うだけで叶うようなものはあんまりないんじゃない?

 

でも始まりは願う事ですから、どんな事でも構わないから何かを願う気持ちを持った方がいいんじゃないかなぁ~って思う。

 

そんなあたしの願いは今週末~来週くらいは新年の挨拶みたいな感じで、例えば名古屋に集結している会計士さんや弁護士さんや保険屋さんのおいさん達に会いにいく時、新幹線が混雑していなくて、スルっと指定で窓側の座席が確保できて、尚且つ、お隣の座席には誰も座っていなくて、前の座席に座っている人があんまりリクライニングして座席を倒さないでくれたらいいなぁ・・・って感じです。

 

しょぼい。

 

ま、いいんです、しょぼい願いは叶わなくても構わない、叶う方がいいけど、そこで運を使用するくらいなら、その分の運を貯めて、もっと大きなすげぇ~願いに注ぎ込みたいもん。

 

その大きなすげぇ~願いってのが、びっくりする事にあたし自身も何にも考えても分かってもいなくて、そんな素敵な願いなんかができたら幸いです。的な感じです。

 

いや、マジ、結構な繰り越し運を貯め込んでいる筈なので、もうそろそろ何かすげぇ~願いが心に芽生え、ちょ~嬉しいっす!ってな感じになってもいいんじゃないかなぁ。

 

そのすげぇ~願いってのを強く心に思い描いて突撃するだけの片道分の燃料くらいはあるのだが、長い事、使ってなかったからエンジンが掛かるのか心配だし、1970年の旧式タイプのモデルだから、エンジンが掛かっても無事にすげぇ~願いに向かって進んでいけるかどうかも心配だよね。

 

でも、ちゅ~ような心配をしていても仕方がない、どちらにしても次にすげぇ~願いが芽生えた時はラストチャンスだと思っているので、最初から片道分の燃料しか搭載していない訳なのでありんす。

 

あれれ、気付けばお正月とか新年とかに関係ない感じの話しになってない?

 

ま、しゃ~ないっすよ。

 

だって、あたしのお正月はどこに行ったのか見当たらない、完全に行方不明になっており、お正月ムードなんて何にも感じなかったんだもん。

 

ま、ま、人それぞれなので、何ですが、何はともあれ2018年となり、心機一転するにも何か分からないけど何かの切っ掛けにするにも良いタイミングだと思うので、みなさんの願いが叶う事を願っております。

 

いつから年始の仕事始めなのかも人によって違うでしょうから何ですが、フレッシュなピチピチの気持ちで今年も頑張りましょうね。

 

あっ、そうだ、1月10日(水)まで猫車さんのオンラインショップで会員登録をして、ログインした状態でお買い物をすると20%OFFセール(除外品もあります)を開催中です。

 

但し、おひとり様につき5点を上限とさせて頂きますね。

 

会員登録はPCだと右上の方に会員登録って表示があるから、そこからでいいんだけど、スマフォとかはちゃんと画面を見た事がないからさっぱり分からないです・・・

 

スマフォを使い慣れている人だったら分かるのでは・・・

 

shop-nekoguruma.com

 

年始は金融機関も休みだし、荷物の配送とかも遅延とか生じちゃうかもしれないから、その辺りの事はご了承下さいね。

 

ちゅ~ような感じで、年始早々から何の話しを書いてんだか、さっぱりと分からない感じになてますが、細かい事は気にするだけ時間の無駄だから、さっさと本文の方に移ります。

 

 

 

コバルト・スピネルについて

fコバルトスピネル

 

冒頭の無駄話の流れで何故にコバルトスピネルの話しになるのかもさっぱりと分かりませんが、そうなってしまった、その理由を考えて並び立て、分かり易く説明する事に何の意味があるというのでしょう?

 

ないでしょ?

 

ちゅ~ような感じで、コバルト・スピネルに関しては、以前のブログ記事でも少し触れているので、気が向いたら、過去のブログも併せてご覧下さい的な感じだから、そのブログ記事のバナーを貼っておきますが、確認していないから、ちゃんと移動できるか分からない。

 

どう?

移動できる?

 

www.nekoguruma.site

 

ちゅ~ような感じで、コバルトスピネルについてのお話になりますが、コバルトスピネルとはコバルトによって何となく通常のブルースピネルよりも青みが強かったり、彩度が高かったりするタイプっちゅ~か、ま、ちょっと稀少性が高いタイプって感じ。

 

スピネルの場合、コバルトスピネルは鉱物的にも美しさ的にも何となく好まれる傾向が強くなりますが、これ鉱物学では重視されるポイントであるものの宝石学、ま、宝石のルースとしては美しさが最優先になる為、コバルトスピネルでも普通のブルースピネルでも美しくて品質の良い大粒サイズのものが好まれるんですよね・・・

 

ちゅ~ような訳で、一般的には宝石としてはコバルトスピネルという固有の宝石名はない事から、コバルトについての記載は省略されますが、どうしてもコバルトスピネルであるか知りたい場合は、その旨を伝えて検査をする事で宝石鑑別書の分光性の欄に「コバルトラインを認む」というコメントが入ります。

 

鉱物種によっても異なりますが、こうした何らかの遷移元素によって、付加価値の出る宝石は他にも多くあり、クロム起因のクロムトルマリンやクロムダイオプサイト、パナジウム起因のミント色をしたグロッシュラーガーネットやカラーチェンジサファイア等がありますよん。

 

 

【遷移元素による他色となる主な宝石】

  • クロム:ルビー、レッドスピネル、エメラルド、アレキサンドライト、赤系のト
        パーズ、緑系のジェダイト、クロム・グロッシュラー・ガーネット、ヒ
        デナイト、クロムトルマリン、クロムダイオプサイト等

  • 鉄:アクアマリン、グリーン&ブルー系のトルマリン、クリソベリル、ダークグ
      リーン&イエロー&オレンジ系のジェダイト等

  • マンガン:モルガナイト、ピンク系のトルマリン、ビクスバイト(レッドベリ
         ル)、アンダリュサイト等

  • ニッケル:クリソプレーズ等

  • パナジウム:ミント系のグロッシュラーガーネット、ミント系のベリル、アレキ
          タイプのカラーチェンジサファイア等

  • 亜鉛:ガノースピネル(ガーノスピネル)等

 

これら以外の宝石もいろいろありますが、基本的に宝石鑑別書を作成した際、分光性の欄に「アイアンバンドを認む」とか「クロムラインを認む」とかって感じの記載がされますが、さっきも書いたように宝石の場合は鉱物学とは違うので、こちらから指示を出すというか依頼をしないと省略される場合もあります。

 

ま、つまり、宝石学としての扱いでは、その程度のものだったりし、ちゅ~ような意味では、宝石学的にはコバルトスピネルもブルースピネル、これが正式な宝石名になるので、コバルトスピネルという宝石名の表示はされないっちゅ~か、宝石名としてコバルトスピネルという名称の宝石はない、あくまで鉱物学上の名称です。

 

ちなみにスピネルの中では亜鉛を大量に含有したスリランカ特産のガノースピネルって青~青緑色をしたタイプが屈折率とかの特性値が高くなりますが、色合いの彩度といったパッと見た感じの美しさではコバルトスピネルの方が評価が高い傾向になります。

 

ま、大きさとか品質にもよるので何ですが・・・

 

 

コバルトスピネルの情報や説明 

コバルトスピネル

 

鉱物の愛好家さんや蒐集家さんだとコバルトスピネルっていう鉱物が重要なので、どちらかというとカット研磨されたルースよりも原石、カット研磨されたルースでもサイズよりも価格、ジュエリー等として着用される訳でもないなら、尚の事、コレクション性を重視するんじゃないかなぁ・・・って勝手に思っているのですが、ジュエリー等の装飾品向けのルース、それもメインストーンに使えるサイズのルースとなるとスピネルは何気に高価な宝石です。

 

ちゅ~ても正統派の宝石を重視する宝石業界では、スピネルはサファイアやルビーといったコランダムより低く見られる傾向があり、ま、それはそれで自由、好きにすればいいと思うんだけど、あんまり品質の良くないサファイアやルビーなんかよりは素晴らしい宝石である事も改めて感じて欲しい気持ちもない訳ではなく、でも、そうした意見や考え方の相違ってのは普通の事、どのような事であっても生じるものなので、ま、いっか。

 

ちゅ~ような感じで、すっかりと丸くなってしまったのですが、似たようなもんだからいいじゃん的な感じと似てて非なるものじゃん的な感じの考え方の違いなんかが激しく対立した場合、基本的に声の大きい方が勝つみたいなところがありません?

 

いいえ、あるんですよ。

 

それが残念な事かどうかは分からないけど、世の中、ま、会社とか会議とか何らかの場では声のでかさで決まる事も多々あり、あたし個人的には声の大きな人は好きではありませんが、結構、そういうタイプっているんですよ。

 

ま、これもまた、ちっともコバルトスピネルに関係のない話しだから軌道修正しますけどね。

 

【 コバルトスピネル / Cobalt Spinel 】

  • 鉱物名:天然スピネル
  • 宝石名:ブルースピネル
  • 和名:尖晶石
  • 結晶系:等軸晶系
  • 産出形状:八面体結晶、双晶、塊状等
  • カラー:青色
  • 透明度:透明
  • 光沢:ガラス光沢
  • モース硬度:8程度
  • 劈開:なし
  • 比重:3.58~3.98程度
  • 偏光性:単屈折性
  • 多色性:認めず
  • 蛍光性:認めず
  • 分光性:コバルトバンド&アイアンバンドを認む
  • インクルージョン:結晶、液膜、液体、微小、針状等
  • 産地:主にスリランカ
  • 代表的なカット:特になし

 

コバルトスピネルに関しては、色合い的に青色のみになりますが、スピネルの青色の発色起因になっているのが鉄成分、つまりアイアンバンドを認むってタイプが多いので、どうしてもコバルトスピネルじゃなきゃ嫌だって感じでなければ、濃く鮮やかなスリランカ産のブルースピネルとして流通しているルースの中にそれとなく混在している可能性があるから、そういうのを選んで宝石鑑別書を作成してコバルトスピネルだったら、かなりお得感のあるお買い物ができるかもしれません。

 

ま、コバルトスピネルじゃない可能性もありますが、見た感じで気に入ったんだったらいいんじゃないかなぁ・・・ってな事も思ったりします。  

 

いや、あたしが思う分には自由だけど、コバルトスピネルじゃなきゃ嫌だってんだったら、宝石鑑別書の付属したルースじゃないと確実にコバルトスピネルなのかどうか分からないかも・・・

 

 

コバルトスピネル

 

スピネルってゲジゲジみたいに見える針状のインクルージョンが入ったタイプが多く、前はそれが嫌で避けていたんですが、ここ最近・・・っていっても10年くらい前からですが・・・は、逆にゲジゲジみたいなインクルージョンが入っているのが好きというか嫌いではない、ま、きっと個性というか印象的になるからなんだと思うが、むしろ好んでいる。

 

えっ、そんな好きじゃない?

 

いやいや、もう誰が何て思ったり、どのようなものを好んだりしたとしてもいいと思うし、そういうのを口に出す必要もない、逆に胸に秘めて自分の中で消化しちゃえばいいじゃん・・・

 

とか、ぶっつぶつに話しが途切れちゃって、ちゃんと書けないじゃん、もう。

 

結果、スピネルは綺麗だし、カラーバリエーションも豊富だし、いろいろなタイプがあるからお薦めの宝石って話しです。

 

shop-nekoguruma.com

 

 

ちゅ~ような感じで、様々な可能性を秘めた新しい一年の幕開けです。

 

何かにチャレンジしたり、何かしらの目標を決めてやってみたり、まったく予想もしていなかったようなサプライズなんかもあるかもしれないし、どんな感じでもいいんです。

 

元気で楽しく充実したスマイリーな毎日を積み重ねて素敵な2018年にしちゃって下さい。

 

ちゅ~感じで、ち~ゆ~。

 

 

ΦωΦ

 

 

いきなりコバルト・スピネルを持ってくるか・・・

ΘεΘ

 

好きな宝石から始めたかったの。

ΦωΦ

 

今年もよろしくね。

ΘεΘ

 

み~とぅ~。

ΦωΦ