猫車通信

糸魚川翡翠と稀少石のお店「猫車(nekoguruma)」by Jewellery Studio Ijeluna

ジュエリー製作記録:015

Ijeluna

 

今宵は中秋の名月・・・らしい、でも満月ではない、満月は10月6日・・・らしい、中秋の名月って満月っぽいイメージがあるので不思議な感じっすが、ま、ちゅ~ても「らしい」という全体的に曖昧な話しなので問題ないっすよね?

 

まぁ、ちゅ~ような感じで涼しさを通り越して肌寒い、いや、ま~ま~寒い、お江戸は随分と寒くなってきましたが、お住まいの地域、エリアではそうでもないっすかね?

 

夜空のお月様を眺めながら、この辺りには枯れすすき、うさぎ、お団子といった小道具がない、演出する効果的な風情がない、雅ではないので、そこは集中、イメージして補整、実際に見える景色、目に映る光景と違った見事な中秋の名月っぽい感じの景色、頭の中、或いは心の中で思い描いた光景が広がっているっすが、それだとお月様なんて見えなくも問題ない、空想の世界、幻想の世界、侘びっと感も寂びっと感もないし、叙情的な雰囲気になっちゃうから、外へ出ろ、街に繰り出せ、眩い街の光と人が溢れた渋谷のスクランブル交差点でガクンと夜空を見上げてごらん。

 

首、痛くなるから・・・

 

ま、ちゅ~ような感じ、そんなこんなで空気の中に冬の粒子、冬の成分が少しばかり紛れ込んでいるような感じっちゃ~感じの時期になってきて、さよならの夏、また来年、どこかでまた会いましょうね~って、過ぎし夏、今になっては少しばかり名残り惜しい、ちょびっとだけの寂寥感、ふとした瞬間に訪れる秋の静寂感、なんかいいね。

 

でもない?

 

そんなん知らんよ、人それぞれ、誰もが同じではないところが不思議な面白味を感じるところで、そ~ゆ~のが好奇心になったり、興味を惹かれる切っ掛けになったり、逆に合わねぇ、致命的だ・・・って感じたり、ちゅ~ような何かしらの作用が生じるポイントになるので、いろいろな考え方やイメージや感じ方があって尚良いっす。

 

ま、ま、何にしても何気ない日常の中に楽しみを見い出したり、喜び、幸せ、いい感じの何かを発見しちゃって、スマイルの多い時間をお過ごしして欲しい、お過ごしたい、その方が良い、どうかその方向でひとつ宜しくお願い致します。

 

ちゅ~ような感じ、月に願いを。

 

  

黒い星、ブラックスターサファイアのリングっすね。

ブラックスターサファイア

 

ちゅ~気分、そんな感じ、てな感じ、ちゅ~感じで、何となく少しばかり気が向いたので、ちょっと装飾的な感じのデザインをしたリング、ま、ブラックスターサファイアって綺麗は綺麗なんだけど秘めた感じ、他のスターサファイアとは違って、溢れ出ていない感じ、満ちている、でも、溢れ出していないギリギリ、満ち溢れている感があるように思う、ちゅ~か、そんな風に感じたルースを選んだだけなんっすけどね。

 

ずっと何っつ~か、マスキュリンちゅ~か、そんな感じの宝石って何だろうなぁ・・・ってな事が、頭の片隅にあって、ま、勝手なイメージ、曖昧模糊としたクエスチョンなものとして気になっていたんです。

 

あくまで宝石、天然石とは違う、宝石として名の知れた石の中でだったら何だろう?ってな頭の体操、思い付きを漠然と何となく考えるともなしに考えてみるって感じのゲーム、お遊びなので何ですが、ちょっと考えた末、ま、ゆ~ても黒系かなぁ~って考えた訳っすね。

 

ブラックスターサファイア

 

何気に濃い青色、それは紺色か?それとも藍色になるのか?みたいな色合いをしたスターサファイア、あんまり透明度が高くない色合いの強いルースなんかも最終候補として残っていた、今でも頭の片隅に残っているくらいなんだけど、ま、ひとつの解答っちゅ~か、こういうのもありなんじゃないかなぁ~的な感じで製作してみたんだね。

 

柄模様とかを入れるのは、ま、ある意味で誤魔化しが効く、全体のデザイン性じゃなく部分的な意匠なんかが生きるところがあるから、あんまり好まないんだけど、何となく、ま、そんなに深く考えている訳でもねぇ~んっすが、あんま抵抗なくデザインを入れていたので、これはこれなのかなぁ・・・

 

地金はK18のイエローゴールドになるっすよ。

 

ブラックスターサファイア

 

中央ラインの部分は地金になってからミル打ちして丸い球々にしようかと思っているんだけど、K18ってシルバーとかと違って地金を変色させて陰影効果を出し難い地金だけに強いコントラストを持たせようとか思ったんじゃないかなぁ・・・

 

ワックスの段階で立体的な球々にしちゃう事もできるんですが、最近、あんまり鋳造の状態が良くない、ま、季節の変わり目、気温や湿度の変化が大きい時ってのはしゃ~ないんだけど、ちゅ~ような理由とかもなくはない、あるんだけど、それよりも何となくの完成した時のイメージを優先した結果っすね。

 

こういうのは実際に完成させてみないと分からない部分があるから、ちょっとまだ何とも言えないっすけど、ま、いろいろ考えている訳っすよ。

 

ブラックスターサファイア

 

ちょっとマスキュリン、ちゅ~ような感じ、あくまでイメージ、感覚的な事だから深く考える程にドツボ、そこには絶対的な正しい唯一の答えがあるものではない、にも関わらず、深みにハマってしまうから、適度なところでね、何らかの形にしてみねぇ~と何にもできねぇ~なぁ~ってな事になってまうんっすよ。

 

あ、このところ基本サイズ、リングのね、その基本サイズを以前は12号にしていたんだけど、10.5号~11号くらいにチェンジさせましたの。

 

ちょっとした違いなんだけど、ま、この微妙な違いが何気に全体のバランス感とか製作している時の感覚に影響しちゃうんですが、あんまり数を製作しなくなったっちゅ~か、あんまり製作できない期間とかもあるから、そんくらいの緊張感や微妙な違和感を適度に取り入れていかねぇ~といけねぇ~んじゃねぇ~かなぁ~ってな事を思ったとか思わなかったとか。

 

ちゅ~ような感じで、多分、この辺りまでが年内に完成まで持っていけるんじゃないかしら?ってな気がするところだったりします。

 

ム~ンライトなセレナ~デってな感じで、ち~ゆ~。

 

 

ΦωΦ

 

 

ま~ま~まともな内容じゃん。

ΘεΘ

 

たまにはね。

ΦωΦ

 

いいの、それ?

ΘεΘ

 

知らねぇ。

ΦωΦ

 

おまへって奴は・・・

ΘεΘ