猫車通信

糸魚川翡翠と稀少石のお店「猫車(nekoguruma)」by Jewellery Studio Ijeluna

ジュエリー製作記録:014

Ijeluna

 

世の中の速度ちゅ~か、世界が動いている感、季節がめぐってる感、時代が変わっている感、そういう具体的に何って事ではない何かの感じ、それは微妙な感覚的なもの、とても繊細で無意識のような静寂の中でしか感知できないもの、ま、そういう曖昧で掴みどころがない漠然とした何かなんだけど、ちゅ~感じの事を何となく感じる。

 

えっ?感じない?

 

まぁ、誰しも個々の時間軸ちゅ~のがあるじゃない?

 

いやいや、そら、確かに1日24時間、微妙な誤差はあっても1年365日みたいな基準ちゅ~のはあるで、そりゃ、そういう基準がなきゃ困るじゃん、何となく、そ~いうんが存在しなきゃ、腕時計も必要ないから、ねぇ~と困る、ま、ファッションとして何となくだけど・・・

 

地球の自転とか地軸のズレとか日付変更線とか赤道とかオゾン層とか磁場とか国境とか海域とか大陸とか東西南北とか運とか偶然とか宿命とか成り行きとかクリスマスとか黒いブーツとか赤いタンバリンとか、ま、途中から何だか分かんなくなってきちゃってるけど、そういう説明するのが極めて困難、場の風みたいなもん?

 

ま、ちゅ~ような様々な要因、ファクターを通じてですね、今があるっちゅ~か、あたしが存在、ちみが存在、そういう個ってのの集合体、そういう集合体が生み出す力場、フィールドの中に発生、派生する何かがあって、そういうのが時に連鎖、時に崩壊、ちゅ~ような世界、ワールドの中にある今この瞬間、あたし、ちみ、僕ちゃん達。

 

ぐんぐんに凝縮、或いは膨張したワールドに満ちた何か、パワーとかエネルギーとか衝動とか蠢動とか、ま、勢いとか成り行きとか何か分からない何かによって時代は動く、世界は回る、歴史が変わる、理想的であっても理不尽であっても、秩序であっても混沌であっても、ま、それはそれ、そ~ゆ~もんだからしょ~がない、そ、そ、しょ~がないっすね。的な感じ、このイメージだったら分かる?

 

分かれよ・・・

 

まぁ、いい、それはいいんだけど、つまりね、今時分、もう10月、はは、二桁だよ、もう。って今のタイミングで何をする、何を連想する、何に意識を向けるのが宜しいでしょうか?ハロウィン?ま、ハズレではないけど遅くね?ちゅ~か、そんな弾みになるよ~なイベントちゃうんちゃう?

 

そう、もう分かるね、正解はクリスマスっす。

 

毎年の事です、もう何だったらクリスマスの翌日には、ともすると翌年のクリスマスの事を考えたりしちゃう程で、それはキリスト教徒とかじゃない、クリスちゃんじゃない、何となくの感じ、雰囲気、いい感じのイメージ、何や分からないけど勢い、場の風が吹き荒れ、でも、荒れていはいない、そのムード、穏やかにして和。

 

ちゅ~てもクリスマス商戦と呼ばれる事からも分かるように戦争ですよ、もう完全に戦争であって、いろいろなものがメリーメリーと飛び交うクリスマスの戦場では多くの兵士が激戦を繰り広げ、どんどん実弾持ってこい、弾がいるんじゃ、弾がよ~!ってな感じで前線に物資が滞りなく送り込まれるよう兵站は機能し、その戦争の帰趨によっては国の破綻が危ぶまれる、財政難、どんよりと厚く覆われた暗い冬空の下、鳴らす事のできなかったクラッカー、栓を抜く事のなかったシャンメリー、頭にはピカピカした紙製の三角帽、いい加減な作りのサンタの衣装、トナカイはおらぬ。

 

ま、ちゅ~ような感じで、クリスマス戦争、そんなに意識もしていないっちゅ~てもね、因果、無意識のレベルで何となく察知、認識している、それが世間のムード、何となく漂ってる何か、ふと気が付くと知らぬ間に形成されている状況みたいなんに刺激、触発、誘爆しちゃって、ま、何か作った方がいい、はっ!今、何か作りたい気分、そういう感じになっておる!って感じで創作意欲が活性化、活発となり、ま、ちゅ~ような感じで夏くらいから何となく半分くらいは薄々と何となく、今にして思えば何となくの意識があるような気がしなくもないんだけど、ま、いい、そういう気持ちが大事、そういうのが何よりも大切なんです。

 

ちゅ~ような何もかんもが何かしら導かれるように、もう、あがらう事が難しい、難しいなら流れに身を任せちゃって、ま、言ってみれば、それが場の風、その時、そういう風が吹いた、死んでこそ浮かぶ瀬もあるノモンハンってな感じで、まったくクリスマスとは関係ない、あたしゃ~マシ~ンじゃ!オートだわ、オンとオフのスイッチ以外は何にもない操縦席、そのスイッチも接触不良なのか、押してもランプが点灯しない、これ、今、どっちやねん?

 

ちゅ~感じで、今、仕上げをしているのはマウシットシットとか翡翠とか何かクリスマス的なカラーっちゃ~カラーである緑色系なんだけど、イメージ的にはクリスマスちゃう、完全に夏っちゅ~か、そん時の気分、何となくのフィーリングでチョイスした石を使ったリングなんかで、もう、それさえも年内に出すかどうか不明、五分五分、ま、でも、ものは考えようっちゅ~か、今から来年のクリスマスとか向けの何かを作ればいい、いや、待てよ、まだ、ちょっと早いか?11月になってからでもいいかなぁ・・・とか。

 

  

スーパーセブンっちゅ~ても車じゃないよ!

スーパーセブン

 

まぁ、ちゅ~ような感じで、ま、この年齢になるとクリスマスも何もないというか、クリスマス商戦という通称の人生に於ける歴史的な戦争も終わり、もはや、気分は終戦記念日、まだ10月になったばかっかりなんだけどね。

 

若かりし頃、その猛る気持ち、荒ぶる気持ち、毎年、激戦に次ぐ激戦、その戦争は混乱を極め、つまり、混戦、いろんなものが入り乱れて、戦術も戦略も関係ない、そんなんは11月の下旬には意味を成さぬ状態になり、敵と味方の区別すら付かぬ、まだ売るか?いや、もう限界、無理っしょ、この量・・・ってな怒涛の戦時中、その戦火の中で微笑ましくペアーリング、サプライズなプレゼント、リングに愛の言葉を刻印、そのような愛が育まれる様を垣間見て、あ、そっちサイド、そっち側の方がい~じゃん。

 

そうした長いクリスマス戦争があたしの中で終結、結局のところ、あたし個人的にはクリスマス商戦という終わりなき戦争に従軍しておった、志願した訳ではないが、結果的に軍役に就いておったような感じで、レジの向こう側でラブ&ピース、いい感じのソングでも歌おう、飲んで歌ってキスして抱いて、ビバ、ハッピー、このまま時間が止まってしまったらいいのにね・・・ってサイド、そっちの側には行く事もなく、ちゅ~か、もう、これってPTSDってやつなんじゃねぇ~のか?

 

みたいな。

 

バイカラーアメジスト

 

ま、ちゅ~ような感じ、長年、クリスマス戦争に赴いていた事に起因したPTSDみたいなのの影響かど~かは知らん、よ~分からんけど、退役後、クリスマス商戦っちゅ~戦争ってものは、現在も各地で特定の時期に勃発し続けている宗教戦争みたいなもんだという事として暫定的に認識、在るがままを受け入れ、もう完全に過去の出来事、あんま関係したくない、そういう年齢を過ぎた、もう経てしまったのであった。

 

それでも何となく戦争時の記憶ってのは鮮烈なもので、フラッシュバック、もはや、あたしの意思とは関係なく、機械的に作動する、自動的にスイッチが入ってしまう時もあって、ま、それはそれで問題ない、ちっとも構わぬ事なので、そういう機会はチャンス、ラッキーって感じで好きなんを好きなように製作する訳ですなぁ。

 

でも、マジでさ、この10年くらい?15年くらい?ちょっと良く分からん、分かってないんだけど、ともかくさ、クリスマス商戦という戦争は恐ろしく莫大な予算を必要とし、それ、誰もが同じ、何か販売するサイドも何か購入するサイドもどちら側にとっても消耗戦、上前をハネる感じのビジネス、マージンを頂きます系のところ以外、ちっともメリットがない、いや、厳密には全くない訳ではない、そういう訳ではないものの長期化、つまり長期戦に値するだけのメリットを甘受できない、そこに油田でもあるなら常駐化しちゃうんでしょうが、じゃない、そ~ゆ~んじゃない戦いだって事に誰もが気付き始めたのか、ちょ~短期戦、直近になってからの短期決戦になったじゃんね?

 

ゲーサイトインアメジスト

 

そりゃ~イベントっちゅ~のはさ、基本的に一瞬の華、刹那の夢、現実の隙間に生じる奇跡的な虚像の美、重要なのは実際、その瞬間の記憶、その刹那の甘美、奇跡の感動、そういうものの連続体であって、でも、ちゅ~ても、そういう本質的な部分に気付くと醒める、何も楽しき事なし、儚い夢すら見れぬ、淡い期待さえ抱けぬ、なんとも退屈でつまらない感じ、それで何かが色褪せる事もないって事くらいは分かっているものの何となく色褪せた感じみたいな感じになってまうような気がしなくもない、それは嫌だ。

 

だから、短くていい、儚くていい、枯れてしまう事が分かっていても薔薇、その辺りに生えている野草みたいな名前も分からぬ雑草の花、ま、それはそれなんだけど、何かね・・・って感じではなく、ちょっと特別な何か、それを見る度に蘇る記憶になるに相応しいスペシャルな何かを求めるって訳っす。

 

ま、何となくだけどね。

 

ちゅ~のが現在のクリスマス商戦、クリスマス戦争のスタイルちゅ~のも変化、ま、販路とかライフスタイルとかも変化、多様化、ドーナツ化現象、高齢化社会、少子化、そういう様々なものが瞬間的には気付かない、でも、ある時、ちょ~変わってしもうてるやん!ってなってもうてる感とかしない?

 

アメジスト

 

でさ、結局んところ何が書きたかったかっちゅ~とね、まぁ、そりゃ~時期的に、或いは気持ち的になのかもしれないけど、クリスマスはやってくる、忍び寄るサンタの足音、トナカイの気配、誰も乗っていない橇、ただ鈴の音だけがシャンシャンと・・・

 

また話しが逸れた、すぐ逸れる、そういうホラーな感じちゃうくて、クリスマス商戦かぁ・・・って意識した時に思うのが、売上うっぷ!とか、十字架に誓って頑張るぞ!ってな感じで、こみ上げるものがない、でも、ジュエリーとか宝石とかって枯れない、形が残る、ま、使った分だけキズも付くだろうし、摩耗しちゃったりするんだけど、そういう部分なんかも含めて、逆に刻む時、歴史、ライフ、あたし、ちみ、僕ちゃん達。

 

ちゅ~んで、ま、いいんじゃないかなぁ~って、何が?

 

いや、気に入ったもの、一生モノ、特別なもの、そ~いうのは、唯一、オンリーワンな感じで、そういうものと出会えるかどうかは運と縁、ちゅ~ような感じで、気に入ったものはクリスマスとか関係なく、うわ・・・いいなぁ~の気持ち。

 

ちゅ~ように思うって感じが大切、でも、イベント的な何か、記念的な何かも心に残っていいよねぇ~ちゅ~曖昧な感じで、クリスマス戦争に参戦する方は万全の態勢で臨んで下さいませ。

 

ち~ゆ~。

 

 

ΦωΦ

 

 

100%無駄話じゃね?

ΘεΘ

 

結果的にはな。

ΦωΦ

 

過程では違うの?

ΘεΘ

 

物事の捉え方によるんちゃう?

ΦωΦ

 

フワっとさせたなぁ・・・

ΘεΘ