猫車通信

糸魚川翡翠と稀少石のお店「猫車(nekoguruma)」by Jewellery Studio Ijeluna

宝石の雑談

ダンビュライト(カナリー・イエロー):Canary Yellow Danburite

いやね、まぁ、いいんだけどさ、最近はフォスフォフィライトとブルーユークレースの問い合わせが多い、きっと宝石の国、その効果、影響。 フォスフォフィライトやユークレースだけでなく宝石の国に登場する宝石のルースはネプチュナイトとアンタークチサイト…

パパラチア・サファイア・・・:Padparacha Sapphire ?

自由っちゅ~のには自由っちゅ~不自由さがあり、変幻自在っちゅ~のは変幻自在っちゅ~スタイルがあるものだ。 ま、何が言いたいのかと問われると自由気まま好き勝手にマイペースな感じのあたしみたいなものであっても時として不自由さを感じ、そのスタイル…

ヘミモルファイト:Hemimorphite

月初に池袋で開催されていた東京ミネラルショーも終わりましたが、今年は宝石の国の影響もあってか大盛況、多くの人で賑わっていたみたいっすね。 ミネラルよりもジェムストーン、鉱物標本よりもカット研磨されたルース、鉱物種よりも宝石種を重視、そうした…

ゴッシェナイト:Goshenite

いや、もう過ぎちゃったんだけどね、先日、ほんの数日前、お誕生日だったのであるが、ま、ちゅ~ても何って感じの特別な事があった訳でもなく、あちこちと傷んでいる身体、だいたい、どこかしらが常に痛いんだけど、今は踵と足の甲が何か分からないけど痛い…

スリランカ産ルビー(セイロン・ルビー):Ceylon Ruby

ずっとなんだけどね、年がら年中と道路ではガス管だか何だかの工事でアスファルトが剥がされ、また簡易的な感じのアスファルトで舗装され、また剥がされている。 古い建物が壊されて更地になり、また新しい建物が建設中、いつになったら終わるのか分からない…

ウォーターメロン・トルマリン:Watermelon Tourmaline

風邪、或いはインフルエンザの予防という熱病に罹った人々が溢れる都内、マスクで顔が分からない人々が街を行き交い、病院の待合室では予防接種を受ける人、もう手遅れ、それ運が良くても風邪、下手するとインフルエンザじゃん・・・ってな感じの人の熱気に…

ベリル:Beryl

いやね、最近ってインターネットとかで多くの方が鉱物標本とかの写真をウップしているじゃない? ちゅ~ような感じで、多くの方がコレクションされている鉱物標本なんかの写真をウップしているのを眺め、うむ、あたしの得意分野ではない、しかしながら、まっ…

ポルサイト(ポル―サイト):Pollucite

何だかよく分からない感じに陥る瞬間っちゅ~のがあって、そ~ゆ~瞬間って人によって違う、そのよ~に感じた時、おかしくもないのに笑ってしまう場合とぴくぴくと顔が引き攣ってしまう場合があって、それは気持ち的な余裕によって変わるんだけど、ま、そ~…

ユークレース(ブルーユークレース):Euclase(Blue Euclase)

先日、新幹線に乗ったんだけど、もう気紛れでに何となく新幹線に乗ろうと思った時に気軽に窓側の指定席を取れる時代は終焉を迎えちゃってて、ちゅ~か、いつも新幹線って満席に近い、通路側の座席すら空きがねぇ~ような感じっすよね? これってもう新幹線っ…

ジュエリー製作記録:020(ファンシー・カット前編:ファセット・カットについて)

いやはや、世の中では三連休ビバ、ビバゴンな三連休であったようですが、あたし、風邪をひいてもうて頭が熱でボンヤリ、ボ~っとなってしまっており、目も霞む、アハハ、これダブリング、二重像現象が見られるタイプの石、ルースじゃねぇ~のにブレて見える…

ファンシー・カット:Fancy Cut(宝石のカットスタイル)

あらあら、また三連休なんですね、ちゅ~か、もう11月、でも11月最初のブログって事で地味に更新頻度が低下しておりますが、ま、ま、そ~そ~頻繁に更新する事もできないっすから、ま、何となくの感じ、お気軽な感じでお立ち寄り頂いて、訪れて頂いて軽い感…

ヘルデライト:Herderite

む、今週末はハロウィンのイベントになるんっすかね? あたし的には東京、お江戸では渋谷がベース、表参道、青山、代官山、恵比寿くらいしか詳しい土地勘がない、そのような状態であるが故に渋谷っちゅ~エリアには無数の想い出がある訳なんですが、ちゅ~て…

メキシコ・オパール(メキシカン・オパール):Mexican Opal

この週末は選挙と台風の到来で何かと騒がしい雰囲気、何となく賑やかな感じとなっていましたが、あまり政治とも天候とも関係がないアトリエで黙々とジュエリー製作をしておったっすよ。 ちゅ~ても10月も下旬となり、気温とか気分とかで何となく秋は過ぎ去っ…

トルマリンって宝石ってのはさ、多彩で多種多様なバリエーションが存在するってのが魅力っすね。

おやおや、秋というよりも冬を感じるような寒さ、身長172㎝ちょいのあたしですが、体重は45kgを切っている、おまけに低血圧で貧血気味という完全に痩せ型、ま、良く言えばスマート、悪く言えばガリガリなので寒さが骨に浸透、寒さを感じる時には身体の芯まで…

宝石の国:宝石の国っちゅ~感じの雑談

以前から何となく知ってはいたんだけど「宝石の国」っていうマンガがテレビアニメ化されたみたいっすね。 あまりテレビを観る事はないものの何となく宝石がキャラクターの名前や設定になっているみたいなので、そこは宝石好きのあたし的にはチェックしておい…

糸魚川ヒスイ原石というタイトルの雑談になってもうてるじゃん・・・

さて、ちょっと前から何気に書いていたのであるが、お気に入りのデジカメが壊れてしもうたのである、その使い易さからモデルチェンジを繰り返す度に買い替えて4代目、もう4台目であったのであるが、この機種は既に廃番、いや、廃番ちゅ~よりもメーカーがデ…

トーゴ・ストーン:Togo Stone(新石器時代~AD10世紀頃の暗黒大陸の勾玉みたいなもの)

で、いきなりだけどね、工具とか道具とか設備が発展、より精度が高く作業効率がUP、うっぷする程に緻密なもの、装飾性に富んだもの、完成度の高いものなんかを作り出せるのも事実でありんして、実際問題、より短時間に高い精度で均質性に優れたものを作り出…

ホワイト・バッファロー:White Buffalo ちゅ~タイトルの雑談

純粋ピュアな宝石愛好家さんや蒐集家さんちゅ~感じでもなく、ちゅ~ても鉱物マニアさん的な感じでもなく、でもでも熱狂的なファン、コレクターさんが多い石ってあるじゃん? 日本だとね、そうっすねぇ・・・糸魚川ヒスイとかが代表的なんじゃないかなぁ~っ…

パパラチア・サファイア(パパラチャ・サファイア):Padparacha Sapphire

あたし的には個人的にもっとも好きな宝石となるのが、サファイアなのですが、好きなものは後に残しておく派、そういうタイプだって事もあり、こっちのブログでは現時点では殆どサファイアって宝石についての記事を書いてなかったっすね。 ま、一般的には「サ…

土岐石:Toki ishi

今回は基本的に非売品というか販売していない「土岐石:Toki ishi」の名称で珍重されている愛知県~岐阜県の周辺、地名的には岐阜県土岐市の周辺から産出していた観賞石と呼ばれる国産鉱物についての雑談をしようと思います。 産出していた。という過去形な…

ヒンドゥ・カット(セイロン・カット):Hindu(Hindoo)Cat (Ceylon Cat)

いつも何となく宝石や稀少宝石、稀少石、天然石なんかのルースやジュエリーを紹介してきましたが、今回は少しばかり趣向を変えて「宝石のカット研磨のスタイル」に関する雑談的な内容で書きてみたいと思います。 一般的に宝石等のカット研磨のスタイルとして…

世界五大宝石

今回は少しお気軽な感じで雑談的な記事を書いちゃいますよ。 ちゅ~のも前回まで「インクルージョンなんかの入った水晶を楽しむ」ちゅ~書くのが大変だった三部作のシリーズ記事を書いていたリバウンドなんです・・・ あたしが生まれる前、もっと前、どのく…

インクルージョンなんかの入った水晶を楽しむ:3(番外編)

「インクルージョンなんかの入った水晶を楽しむ」シリーズも今回が最終回ですが、やっぱり地球上でもっともポピュラーで身近な鉱物である水晶だけに紹介し続けると終わりがないっすね。 単なる鉱物や天然石というアプローチからだけでも水晶のタイプや産地な…

インクルージョンなんかの入った水晶を楽しむ:2

今回の記事も前回の引き続きで「インクルージョンなんかの入った水晶を楽しむ」シリーズの第二弾になります。 前回の記事では正統派とうかスタンダードなタイプのインクルージョンが包有した水晶のルースを中心に紹介しましたが、今回は古典的なタイプから比…

インクルージョンなんかの入った水晶を楽しむ:1

今回は、もっとも身近で馴染み深い鉱物である代表的な天然石となる水晶(クォーツ)に内包した様々なインクルージョンの世界を紹介する「インクルージョンなんかの入った水晶を楽しむ」のシリーズ第一弾となるんだよ。 普段、何気なく水晶やクォーツと呼んで…

番外編:宝石の個性的な柄模様を楽しむ(絵画的な柄模様)

今回の「宝石の個性的な柄模様を楽しむ」シリーズの番外編となる第三弾では、宝石というよりは天然石の扱いになるタイプですが、その独特の風景画のような柄模様から「ピクチャーストーン」として人気のあるアゲート等の紹介になります。 絵画のように見える…

宝石の個性的な柄模様を楽しむ(ツートンやバイカラー)

縞々模様のストライプ模様も面白いのですが、天然石では何気に見掛けるものの宝石の中では縞々模様のストライプってのは主に結晶の成長線が目視できる場合とかに見られるくらいで稀、ちゅ~ような感じで「宝石の個性的な柄模様を楽しむ」の第二弾となるのは…

宝石の個性的な柄模様を楽しむ(斑点模様や斑模様)

宝石、半貴石、天然石、鉱物、その辺りに転がっている何か分からない石。 ちゅ~ような感じで何でもいいんだけど、そんな自然の生み出した石ってのには不思議な魅力があって、そういう魅力ってのは個々の感受性とか感性みたいな要素が必要で何でもない形や柄…

宝石に施される様々な人為的な処理について

現在の宝石や天然石やなんかの指向性としては、ともかく非加熱未処理、ルースならカット研磨以外の人為的な加工はされてない方がいい、逆に採取したり採掘した状態の鉱物標本のような自然のままの状態が価値があっていいよね? ちゅ~ような風潮ちゅ~ような…

神秘的なインクルージョンの世界と魅力:3

前々回から引き続いて書いている「神秘的なインクルージョンの世界と魅力:3」となり、今回はインクルージョン系の稀少宝石の中でも別格となる稀少価値を持った特殊なインクルージョンの内包したルースを紹介しますね。 こちらで紹介する特殊な稀少タイプの…