猫車通信

糸魚川翡翠と稀少石のお店「猫車(nekoguruma)」by Jewellery Studio Ijeluna

トルマリン

ジュエリー製作記録:022(ファンシーカット編 vol.3)ワックス造形の完成

はやっ!ってなもんで、早くも11月も終盤っちゅ~か下旬、もう今年も残すところ1ヶ月ちょいみたいな感じになってもうちゃって、ま、何があったとゆ~ような事があった訳でもねぇ~ものの何があった訳でもねぇ~感じのところが逆に何だか切ない気分になってし…

ウォーターメロン・トルマリン:Watermelon Tourmaline

風邪、或いはインフルエンザの予防という熱病に罹った人々が溢れる都内、マスクで顔が分からない人々が街を行き交い、病院の待合室では予防接種を受ける人、もう手遅れ、それ運が良くても風邪、下手するとインフルエンザじゃん・・・ってな感じの人の熱気に…

ジュエリー製作記録:021(ファンシーカット編:vol.2)

前回のブログでは製作記録となっているのに何にも製作している段階、その状況、その記録について書かれていない、マジ、あかんやんけ・・・ってな感じの記事になってもうて、ちゅ~ても、まぁ、誰に迷惑を掛けている訳でもない、なかろう的な感じ、そ~ゆ~…

ジュエリー製作記録:020(ファンシー・カット前編:ファセット・カットについて)

いやはや、世の中では三連休ビバ、ビバゴンな三連休であったようですが、あたし、風邪をひいてもうて頭が熱でボンヤリ、ボ~っとなってしまっており、目も霞む、アハハ、これダブリング、二重像現象が見られるタイプの石、ルースじゃねぇ~のにブレて見える…

ファンシー・カット:Fancy Cut(宝石のカットスタイル)

あらあら、また三連休なんですね、ちゅ~か、もう11月、でも11月最初のブログって事で地味に更新頻度が低下しておりますが、ま、ま、そ~そ~頻繁に更新する事もできないっすから、ま、何となくの感じ、お気軽な感じでお立ち寄り頂いて、訪れて頂いて軽い感…

トルマリンって宝石ってのはさ、多彩で多種多様なバリエーションが存在するってのが魅力っすね。

おやおや、秋というよりも冬を感じるような寒さ、身長172㎝ちょいのあたしですが、体重は45kgを切っている、おまけに低血圧で貧血気味という完全に痩せ型、ま、良く言えばスマート、悪く言えばガリガリなので寒さが骨に浸透、寒さを感じる時には身体の芯まで…

多種多様なカラーバリエーションのトルマリン:Tourmaline

これまでトルマリンという宝石の中でも特殊性から何らかの固有の宝石名を持ったタイプを紹介してきましたが、今回は固有の宝石名を持たない多種多様なカラーバリエーションを持ったトルマリンを紹介したいと思いますよ。 いやね、最初は何にも考えなしに固有…

ルベライト:Rubellite(レッド・トルマリン)

このところシリーズ化しつつあるというか、シリーズ化している「トルマリン」ですが、鉱物学的な意味合いでの様々なトルマリンのタイプだったり、宝石学的な意味合いでの色合いによる固有の宝石名だったり、共通するポイントは大筋で各トルマリンの記事を通…

インディゴライト:Indigolite(ブルー・トルマリン)

今回は、トルマリンの中でも独特の深みのある青い色合いをした「ブルー・トルマリン」の紹介となりますが、豊富なカラーバリエーションを持ったトルマリンという宝石の中でも古くから固有の宝石名を持ったタイプが二種類だけあって、そのひとつが濃青色の「…

グリーン・トルマリン:Green Tourmaline

今回は、トルマリンの中でもスタンダードな宝石色として取り扱われる事の多い「グリーン・トルマリン」についての記事を書きたいと思います。 あたしの中でトルマリンという宝石はサファイアと並んで好きな宝石でカラーバリエーションの豊富さや多様性が感じ…

パライバトルマリン(Paraiba Tourmaline)

今回は多種多様な宝石の中でも稀少性と知名度と人気の高さでは突出した感じのある憧れの稀少宝石の代表格とも言えちゃう「パライバトルマリン」です。 あたしが海外でのジェムショーに買い付けに行くようになった当時にパライバトルマリンがデビューしたとい…

パーティカラードトルマリン:Parti-Coloured Tourmaline

今回は鉱物名:天然トルマリン、宝石名:パーティー・カラード・トルマリンとなる代表的なトルマリンらしさを感じられるルースの中に複数の色合いが混在したタイプのトルマリンについてブログを書いちゃいますよ。 最初にトルマリンという宝石についての基礎…